アドセンス始めて半年後に独立。アドセンスのことはお気軽にご相談ください(^_-)-☆

アレルギー性鼻炎のレーザー治療

アレルギー性鼻炎に対するレーザー治療は20年以上も前から存在している治療法です。
しかし一般的にはあまり浸透しませんでした。
その理由としては治療時間や術後の経過、副作用などの問題が多く、それに比べると得られる効果というのが乏しかったためです。
しかし現在のレーザー治療ではそれらの問題が改善され、得られる効果の方が高くなっているために、花粉症の治療としてもレーザー治療を行う方が増えてきています。

アレルギー性鼻炎の症状として一番辛いのは鼻づまりだといえます。
鼻で息が出来なくなるので口で息をすることになり、喉の炎症といった二次障害を引き起こす可能性も高くなるのです。
鼻づまりが起こるのは粘膜が厚くなっていて鼻腔を塞いでいるためです。
レーザー治療ではこの粘膜をレーザーで切除することにより、物理的に鼻腔を広げるという方法を用います。
以前のレーザー治療では片鼻に15分以上の時間がかかった挙句、出血も酷かったですし、1ヶ月ほどはカサブタもぽろぽろと落ちてくるような状態で効果に満足した方は6割ほどだったということです。
効果は持続できず、再手術となることも多かったのです。

現在のレーザー治療は短時間で済むのが特徴です。
片鼻で5分ほどしかかからず、麻酔も行うので痛みもほとんど感じないということでした。
更に出血が少ないので日帰りができる医院まであります。

もちろん持続性がないことには変わりがないのですが、1年ほどは効果が続くので、1年に1回ほどの治療で済むようになっています。

«  アレルギー性鼻炎のレーザー治療  »


ゲーム機ハード