アレルギー性鼻炎について - Part 3

アドセンス始めて半年後に独立。アドセンスのことはお気軽にご相談ください(^_-)-☆

最新の情報

子供のアレルギー性鼻炎

子供が鼻をこすったりいじったりほじったりする行為は日常的に見ることができます。
しかし、これが子供のアレルギー性鼻炎のサインかも知れないのです。

アレルギー性鼻炎というのは以前は大人の疾患だとされていましたが、最近ではどんどんと低年齢化していて、子供の発症率も高くなっています。
その要因としては花粉量の増加、ハウスダストの増加、食生活による体質の変化などが挙げられます。
子供の場合は大人とは違い、症状を我慢することが難しいので鼻づまりが気になって夜眠れない、くしゃみや鼻水で授業に集中できないといったように日常生活に支障をきたす恐れがあります。
また、鼻をほじりすぎることによって鼻血が出やすくなることもあります。

特に乳幼児の場合は辛い症状を言葉で伝えることが出来ないので、鼻が詰まってミルクや母乳が飲めない状況が続くこともあります。

基本的に症状としては鼻水、鼻づまり、くしゃみといったように大人と同じですが、併発してアレルギー性結膜炎になったり気管支炎になったりと症状が悪化することが多くなっています。
アレルギー性鼻炎は交感神経、副交感神経に深く関わっていて、その働きに左右されるため、症状が出るのは朝夕に強く表れることがあります。

基本的にはハウスダストであったり、ダニの死骸や花粉、ペットの毛などアレルゲンとなる物質も大人と同様です。
アレルギー疾患があるのであれば、こまめに掃除をする、ペットを飼わないなど大人が前もって予防をしていくことが重要となります。

 ページ 3 of 20 « 1  2  3  4  5 » ...  最後 » 

ゲーム機ハード