アドセンス始めて半年後に独立。アドセンスのことはお気軽にご相談ください(^_-)-☆

最新の情報

アレルギー性鼻炎の合併症

アレルギー性鼻炎の合併症では鼻づまりなどによって鼻呼吸が阻害され、口呼吸に移行するために起こることが多くなっています。

合併症として一番多いのは咽頭系の疾患です。
口で息をするようになるので常に口が半開きの状態になってしまい、咽頭部分が乾燥するのです。
異物感を感じたり、喉が渇きやすくなったりします。

更に口呼吸ということで口の疾患も多くなります。
口の中が乾燥しやすくなるだけでなく味覚障害が起こることもあるのです。
ある特定の食べ物を食べた時にかゆみや腫れ、または浮腫が表れることもあります。

また、それがきっかけとなって気管や気管支付近の疾患に繋がります。
アレルギー性鼻炎の10%から20%は気管支喘息を併発していますし、気管支喘息の40%から90%はアレルギー性鼻炎となっているのです。

その他にも目のかゆみであったり頭痛や倦怠感を感じることもあります。

合併症になればその治療も合わせて行っていかなければなりません。
特に気管支喘息の場合は咳を抑えるための薬と鼻の薬を併用しなければならないので大量の薬を飲むことになります。
小さいお子様の場合には非常に辛い状態となるのでなるべく合併症にならないように事前に治療することが大切です。

アレルギー性鼻炎の症状は風邪と勘違いしやすいですが特徴的な症状もあるので早期サインを見逃さずに早めに検査を受けるようにしましょう。
そうすることで重度になることを防ぎ、合併症も引き起こすことがなくなるのです。

 ページ 6 of 20  « 最初  ... « 4  5  6  7  8 » ...  最後 » 

ゲーム機ハード